トラブル編

アゲインストとフォローによる飛距離の差

更新日:

空

ゴルファーが最も嫌がる気候条件とえいば、強風下のラウンドでしょう。

雨は、雨は飛距離にどれくらい影響するか?で紹介しましたが、少々飛距離が落ちる程度ですが、強風下のラウンドでは、無風下と比べてクラブの番手が2~3番手違うこともあります。

さらに横風の場合は、ターゲットに対して、20~30ヤード右や左を狙うことになりますが、このような条件ではスコアどころではなくなってしまいます。

また、アマチュアゴルファーは風に対する影響を少なく見がちです。

ただし、風速○m/sなら何番手クラブを上げる等、実際のラウンド中は正確な風速は分からないのも事実です。

そのため、今回は、アゲインストとフォローが飛距離にどの程度影響するのかを紹介していきます。

細かな知識は必要ないかもしれませんが、ある程度の概要を知っているだけでも、風に対する効果はあります。

強風下のラウンドは誰もが通る道ですので、正しい知識を学べばすぐにラウンドで活かせます。

スポンサーリンク

アゲインストとフォローは飛距離にどれくらい影響するか?

基本的に、フォローよりアゲインストの方が飛距離に影響する度合いは大きいです。

砂ぼこりが立つ程度の風速5m/sで、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーがドライバーを打った場合、アゲインストでは約20ヤード飛距離が落ち、フォローでは約10ヤード飛距離が伸びます。

特にアゲインストの場合は、バックスピン量の多いショートアイアンでのショットでは、ボールが吹けあがり、ますます飛ばなくなってしまいます。

よく「アゲインストの場合はボールを強くインパクトしてはいけない」と言われます。

これは風に負けないように強くインパクトすると、バックスピン量が増えて、ボールが吹け上がり、飛距離がでないショットになるのです。

もちろん風の抵抗による飛距離ロスもありますが、アゲインストの場合はバックスピン量を少なくするために、いつもより大きくクラブの番手を選び、フルショットでなく、ハーフショットを意識してスイングすることが大事です。

風に負けない低い球を打つのも一つの方法ですが、これには練習が必要です。簡単にラウンドで実践できる方法としては、「大き目の番手でフルショットしない」ことがポイントです。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-トラブル編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.