トラブル編

雨は飛距離にどれくらい影響するか?

更新日:

雨

雨のゴルフは嫌なものだが、強風下のゴルフよりは楽というゴルファーは多いでしょう。

濡れるのを除けば、グリーンが濡れてボールが止まりやすくなるなどメリットもあります。

とはいえ、雨に影響して飛距離をロスするというもの事実です。

今回は、雨による飛距離ロスの原因として4ケースに対する対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.地面が雨で濡れているため

もちろん雨には質量があるので、ボールが当たれば飛距離が落ちるのは当然ですが、それ以外の飛距離が落ちる最も大きな要因は、地面が濡れているのでランが出ないことです。

特にドローヒッターの方はランでの飛距離が期待できないため影響が大きいです。

グリーンを狙う2打目、3打目ではボールが止まりやすくなりますが、ティーショットではランを期待せずに、キャリーで飛ばす意識が大事なポイントになります。

 

2.クラブが雨で濡れているため

アマチュアゴルファーはあまり意識していないポイントになりますが、クラブとボールの間に水が入り込むと飛距離に大きく影響します。

ドライバーの場合は、バックスピン量が減ってボールが上がりにくくなり飛距離が落ちます。

アイアンの場合は、フライヤーと同じで、ボールとフェイスの間に水が入り込むと、バックスピン量が極端に減り、予想以上にボールが飛んでしまうことがあります。

クラブが濡れることで色々な影響がでますので、ショット前にはクラブフェイスを拭いておくのが雨ゴルフの常識といえるでしょう。

 

3.雨具による影響

スイングはとても繊細なので、上着を一枚着ただけでもタイミングやリズムに影響するものです。

特に途中から雨具を着たりする場合は、今まで通りのスイングが出来ない理由にもなりうるので、注意が必要となります。

 

4.雨による心理的影響

風の場合も同じですが、晴天時の何もない状況に比べて、雨、風など余分なものに注意をしなければなりません。

この状況がスイングリズムに影響して、いつもより打ち急いだり、余分な力が入ることでミスショットが出てしまうこともあります。

雨のゴルフは気持ち的にナイーブになりやすいですが、ボールが止まりやすいなど、プラスの面を見つけて、いつも通りのゴルフができる心理状態に持っていくことが大叩きしない一番のコツかもしれません。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-トラブル編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.