トラブル編

トラブルショット!林の中からショットする時の対策

更新日:

ゴルフ森

気持ちよく振りぬいたドライバーのショットが曲がって林の中へ...。

ゴルフ場ではよくある光景です。特にアベレージゴルファーの方は、林の中から2打目を打つ機会が多いと思います。

大トラブルにつながりやすい状況ですが、林の中から打つときには、どんなことを意識してプレーすればよいのでしょうか?

トラブルショットのリカバリーはゴルファーにとって腕の見せ所でもあります。

今回はトラブルショットとして一番多いシチュエーションといえる、林の中からの対応について紹介します。

スポンサーリンク

林の中に入れてしまったら考えること

このときアベレージゴルファーがまず考えなければならないのは、「どうやってボギーで上がるか」です。

プロなら、もちろん「どうやってパーであがるか」を考えるが、アベレージゴルファーはそう考えた時点で、ほぼ「ダボ以上」になる可能性が高いです。

なぜなら、「パーであがろう」と思えば、少しでもグリーンに近づけるために、木と木の間隔が1メートルしかないような隙間を狙ったり、無理にフックやスライスをかけて狙おうとします。

しかし、結果は木にあたりボールはもっと深い林の中へ逆戻りしたり、最悪OBになってしまったり。みなさんも経験があることでしょう。

とにかく、そんなときは、自分の技量と相談して、「絶対にこの間なら出せる」というポイントを見つけて、狙うことが大事です。

また、林の中からフェアウェイに出すには、大体30~40ヤードの距離が多いはずです。なので、中途半端なスイングをせずに、グリーン周りからのアプローチだと思ってスイングするべきです。

 

林の中で出やすいミスは?

アベレージゴルファーがもっとも犯しやすいミスは、「ヘッドアップ」です。

林の中からうまく脱出できるか結果が気になり、つい顔を上げてしまいます。グリーン周りのアプローチも同じですが短い距離や間を狙うような状況ほど結果が気になるものです。

特にグリーン周りのアプローチの場合は、打つ前に「ヘッドアップに注意しよう」と意識するゴルファーは多いが、林の中から打つ場合は、テンションが落ちていたり、ボールをやっと探して息があがっていたりと注意力が散漫になりやすい状態に陥ります。

そのため、よけいにミスが出やすい状況にあることを意識し、ヘッドアップに注意して確実にフェアウェイに出しましょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-トラブル編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.