スウィング編

”シャンク”の出ないスイングを作る!4つの原因と対策方法

更新日:

ゴルフ

誰もが一度は悩んだことがあるゴルファーの悩み上位にランキングする”シャンク”。

その場しのぎで対策で、「ボールを遠くに置けばシャンクしないだろう」という考えもありますが、それが原因で別のミスが誘発されるケースもあります。

結局は、頭の中から「シャンクするかも?」という意識を断つために根本的にシャンクが出ないスイング作りをすることが重要です。

今回は、シャンクの代表的な4つの原因と対策方法、簡単にできる練習方法を紹介します。

ミドルレンジは問題なく、アプローチだけシャンクが出る方はアプローチだけシャンクする3つの原因を参照ください。

スポンサーリンク

シャンクとは?

まずは、初心者向けに、シャンクと言われる現象を説明します。

シャンクとは、クラブのネック部分(ヘッドとシャフトが繋がっている箇所)にボールがあたり、狙っている目標方向の対して右45度にボールが飛び出す現象のことです。

ウェッジなどの比較的短いクラブで出やすく、ドライバーなどの長いクラブでは出ないのが特徴です。

 

シャンクが出る4つの原因

シャンクが出る原因は複合的になるため、一概にコレを直せばシャンクはでない。ということはありません。

ただし、これから紹介する代表的な4つの原因を見直せば、自分が当てはまる原因がきっとあるはずです。

 

1.スイング軌道が過剰にインサイドアウト

持ち球がドローの方や、初心者でスライスを直すためにドライバーでドローの練習をしている方がハマりやすい症状です。

インサイドアウトの軌道は球がフェースに乗り、飛距離も出るためスイング的には問題ありませんが、軌道だけで考えるとアウトサイドインの軌道よりシャンクが出やすいです。

 

2.右足を使いすぎている

飛距離を出そうとして、ダウンスイング時に右足で地面を蹴ることを意識し、過剰に右足を使いすぎている方がハマりやすい症状です。

右足を意識しすぎると、右ひざが前に出やすくなります。右ひざが前に出ることで、クラブの通り道が外側になり、結果クラブのネックでボールを打ちやすくなります。

 

3.頭が上下する

体重移動を過剰にして、スイング時に上半身が伸びあがる方、頭が上下に動く方に多い症状です。オーバースイングの方も上体や頭が上下しやすいので当てはまります。

この症状はシャンクだけでなく、トップが多い人にも言えますが、インパクト時に上体が伸び上がるので、クラブ軌道が安定しなく、シャンクやトップを誘発します。

 

4.フェースローテーションが多い

ボディーターンでなく、フェースターンでボールを捉える方に多いです。

フェースローテーション自体はとても大事で、飛距離UPには欠かせない技術の1つです。ただし、意識しすぎると、手でフェースを返すことになり、結果クラブネックが前に出やすくなります。

 

シャンクが出ないスイングとは?

ゴルフクラブは構造的にシャフトとヘッドの重心がずれているので、何も考えずに振ればシャンクが出やすいものです。

プロゴルファーでさえ、シャンクが出る時がありますので、シャンクが100%でなくスイングは存在しませんが、限りなく0%に近づけることは可能です。

それは、スイング軌道を軌道を安定させることです。

当たり前のことですが、アドレス時にボールにセットアップした場所をインパクト時にクラブが通れば、100%シャンクは出ません。では、スイング軌道を安定させるには、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?

 

スイング軌道を安定させるには?

スイング軌道を安定させるには、手に力を入れない、リラックスするなど多種多様なことを意識しなければなりませんが、一番重要なポイントは、腕でクラブを振らず、揺らすようにスイングすることです。

腕と体を同調させてスイングすれば良いのですが、なかなか意識だけでは難しいものですので、"揺らすように"というのがポイントです。

振り子のように揺らすイメージでテイクバックし、ダウンスイングを行えば、腕と体は勝手に同調している状態になります。

同調させることで、クラブヘッドがいつも同じところを通るため、シャンクだけでなく、トップやダフリといったミスも激減するはずです。

 

腕と体を同調させる練習方法

この練習方法はとても簡単で即効果ありです。練習場でも簡単に実践できるのでオススメです。

クラブ2本を右手、左手で持ちスイングをします。最初はボールを打たずに、ハーフスイングから始めてください。腕と体が同調していない場合は、フォロースルーで、後ろの手で持っているクラブが前で持っているクラブを追い越しているはずです。

同調がとれていれば、クラブが重なることはありません。

この練習はシャンク防止だけでなく、スイング全体のスキルアップにもつながりますので、ぜひ試してみてください。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.