スウィング編

球筋を安定させるスイングの方法

更新日:

安定100人のゴルファーがいれば100通りのスイングが存在します。

体格や筋力の違いにより、まったく同じスイングをいうのは存在しません。

そのため、フェード系、ドロー系といった、自分に合った球筋を見つけるのは、スコアアップの近道になります。

今回は、球筋を安定させる方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

球筋を安定させる練習方法とは?

アベレージゴルファーが、更に上達を目指す場合、効果があるのが持ち球を決めることです。

アマチュアの上級者やプロは持ち球でコースを攻略していきます。

球の曲がり具合を計算してコントロールしているのです。

このレベルに到達するには相当な努力と練習が必要になってきますが、ある程度のところまでは、現在の練習の延長で身に付けることが可能です。

それはどのようにするかというと、初めに自分が自然に球を打ってみて、どのような球筋になるかを分析します。

そしてスライス系なのか、フック系なのかを判断し、その球筋を自分の基本として決定します。

ある程度上達してきたら、目標となる球筋を目指してスイング改造することも良いですが、最初は自分が自然に打って出る球筋をベースにスイングを構築していくことがスコアアップの近道になります。

 

球筋を安定させるのは日々の練習

基本となる球筋を決めたら、あとは各番手で曲がり具合を一定にする練習に専念します。

ある時は大きく曲がり、ある時は小さく曲がるというような状況にならないように練習を重ねます。

とにかく遠くに飛ばすだけの練習や漠然と球を打つだけの練習からは脱却してください。

また、スライス系の人が飛ぶからといって無理に打とうとすると、スイングのどこかに歪みが生じます。

球筋を変えるにはスイング全体を見直さなければなりませんので、小手先での調整は控えたほうがよいです。

飛距離と方向性は相反するものなので、簡単に両者を得るということは難しいので、繰り返し練習することが上達につながります。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.