スウィング編

ライン出し!スリークォーターショットの方法

更新日:

ゴルフ スイング

プロや上級者が、曲げられないホールや距離感を出したいときに使う”スリークォータショット”。3/4ショットとも言われます。

名前を聞いたことはあるが、どうやって打つの?どんなメリットがあるの?と疑問を持たれている方は多いと思います。

今回は実戦向きの”スリークォータショット”について、通常のフルショットと比較して説明します。

また、”スリークォータショット”のメリットと練習方法についても紹介していきます。

スポンサーリンク

フルショットと何が違うのか?

フルショットを4/4とすると、3/4の振り幅で打つショットになります。

そのため、多少飛距離は落ちますが、コントロール性が抜群で、俗にいう”ライン出し”ショットは、スリークォータショットのことを指しています。 
 
グリーン周りのアプローチショットのスイング幅を3/4にして打つイメージです。

ただし、このイメージをクラブの長いミドルアイアンで行い飛距離も出す必要があるので、そう単純なものではありません。 

 

なぜコントロール性が良いのか?

スリークォータショットはコントロール性に優れている、縦の距離感が合いやすいと良く言われ

ますが、これには理由があります。 

それは、フルショットに比べてクラブフェースの開閉が少ないからです。

クラブフェースの開閉が少ない分、打球の高さは低くなりますが、インパクトが抜群に安定します。

そのため、縦の距離感が出しやすいショットとなります。

また、フルショットしないので、力みにくく、体と手が同調しやすい点も安定性が高い理由の1つです。

 

スリークォータショットの打ち方は?

とにかく、体とクラブを同調させてスイングすることが大切です。

右手は使わずに、下半身主導でクラブが引っ張られるイメージでスイングします。

小手先でクラブヘッドを合わせるのではなく、体の回転主体でスイングするイメージです。

最初は想定した飛距離が出ないと思いますが、力んで飛ばそうとせず、体の回転を速めることで飛距離を伸ばすイメージをもって練習しましょう。

スリークォータショットを覚えると、ゴルフのレベルが一段階ステップアップすると思います。

極めるにはそれだけ難しいショットとなりますが、スイングの基本が詰まっているので、基本で出来ていないと打てないショットでもあります。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.