スウィング編

フォローで引っ張り合う感覚とは?

更新日:

ゴルフ

みなさんは、スイングした時にインパクトからフォローにかけて、引っ張り合う感覚はありますか?

ゴルフスイングは、この引っ張り合いにより最大の遠心力を得ることができ、そのエネルギーをボールに伝えることができます。

しかし、多くのゴルファーは、インパクトのときには体重がすでに左に乗っています。

これは俗に「突っ込みすぎ」のスイングと言われていますが、突っ込みすぎると、体の軸がなくなり、フェースは開いた状態でインパクトを向かえるので、打球はつかまっていないスライス回転の球になります。

では、ゴルフでの「引っ張り合う感覚」とは、どのようなことを意識すれば得られるのでしょうか?

今回は、最大限に飛距離を伸ばす、「フォローで引っ張り合う感覚」を紹介します。

スポンサーリンク

フォローで引っ張り合う感覚とは?

フォローで引っ張り合う感覚とは、インパクトのときに重い頭がボールの右にあるからこそ、頭が支点となり、ヘッドが最大の遠心力を得ることができます。

ハンマー投げの選手は、自分の体を軸にてして頭とハンマーが引っ張り合うよう回転させることで最大限の遠心力を得ます。

俗に言う、左の壁が完全にできている状態でショットを打つと、この感覚を経験できると思います。

ゴルフのスイングも同じで、頭が飛球線方向にズレてしまっては、エネルギーをロスし、スイングプレーンがくるってしまいます。

ただし、漠然と頭を右側に残すことだけ意識すると、腰が切れずに、クラブの通り道がなくなってしまいます。その結果、右肩が下がり、あおり打ちになることで、トップやダフリといったミスがでます。

 

どのようなことを意識すれば良い?

まずは、腰をレベルに回転させながら、頭を残すビハインド・ザ・ボールを意識が大切です。

最初は、いつものイメージよりも強く頭を残す意識をもって練習してください。

腰の回転でスイングができる中級者以上の方ほど、頭を残す意識が弱くなりがちです。

特にドライバーの場合は、クラブが長く、スイングプレーンもアイアンに比べて大きくなるため、若干「待つ」動作がビハインド・ザ・ボールに必要です。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.