スウィング編

アイアンでスライスする原因と対策

更新日:

ゴルフスライス

構造上スライスしやすいドライバーならともかく、球がつかまりやすいアイアンでスライスするのは何が原因なのでしょうか?

ドライバーのスライスに悩んでいる方は、ドライバーだけスライスする原因と対処法で紹介しています。

まず、スライスする原因はスイング軌道がアウトサイドインになっていることです。それは周知の事実ですが、アウトサイドインにならないようにスイングするには、どの部分に注意すれば良いのでしょうか?

今回はスライスがでるアウトサイドイン軌道を抑制するための2つの方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

バックスイング時に体の捻転が足りていない

通常、バックスイングをしてクラブがトップの位置にあるとき、左肩はあごの下あたりにあるのが正しい位置とされています。

これが守られず、捻転が少ない状態になると、ダウンスイング時にクラブは必然的にアウトサイドから下りてくるのでスライスする原因になります。

特にゴルフに慣れてきた中級者はドライバーなどの長いクラブでは、捻転を意識しますが、ショートアイアン、ミドルアイアンでは、捻転の意識が薄くなりがちです。

また、テイクバックのスピードが早く、手でクラブを持ち上げる人は捻転が浅くなりやすいので注意が必要です。

手でクラブを持ち上げてテイクバックを開始している人は、テイクバックの最初の10~20cmはクラブを低く長く移動させるイメージを持つことが大事です。

 

インパクト時に腰が開いている

バックスイング時にしっかりと捻転できていても、インパクト時に腰が開きすぎると、当然アウトサイドインの軌道になります。

レッスン書などでダウンスイングは腰から始動する、腰を切るなどとうたわれていますが、それを過剰に意識しすぎるとなりやすいです。

しかし、本来インパクト時には腰は多少開くものなので、開き度合いをチェックするのは難しいです。

ゴルフに限らず全てのスポーツに当てはまりますが、自分ができていると思っている動きでも、録画して客観的に見るとまるでできていない。そんなことは多いと思います。

私の経験上、体重移動を意識せずに、両足べた足の状態でスイングしても、腰はある程度開いてインパクトしています。

つまり、意識しなくても自然にできている腰の開きを、過剰に意識することによって開きすぎになっているのです。

アイアンでスライスする方は、捻転を深さ、腰の開きに注意してスイングすれば、つかまった強い弾道のボールが打てるでしょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.