スウィング編

ゴルフスウィングにとって最適なリズムとは?

更新日:

ゴルフリズム

ゴルフ中級者で練習場とは良い球が打てて、コースではダフリ、トップが多い方はスイングリズムの違いに原因があるケースが多いです。

誰でも自分のスイングのチェックポイントがいくつかあり、コースで球を打つ前に頭で意識していると思います。

ただ、このチェックポイントに「スイングリズム」が入っている人がどれだけいるでしょうか?

練習場で良い球が出たときは、おのずと良いリズムでスイング出来ています。このリズムを覚えておき、自分のチェックポイントに入れてあげましょう。

スポンサーリンク

打ち急ぎには注意

練習場とコースでスイングする際に、どのようにスイングリズムが変わるケースが多いかというと、圧倒的にコースでのスイングリズムが早くなるケースが多いです。

いわゆる「打ち急ぎ」と言われるものです。

主な理由にテイクバックの始動が通常より早くなってしまうことが挙げられますが、これは通常時より上体に力が入っていることが原因です。上体をリラックスさせ、始動時にヘッドを低く引けば、テンポは早くなりにくいです。

ゴルフ中級者で、ある程度自身のスイングが固まっているかたは、「スイングリズム」、「スイングテンポ」を毎回同じにすることが大事です。

 

始動をゆっくりと心掛ける

ゴルフスイングにおける上手なリズム作りで大切なことは、テークバックの始動時にあります。

ゴルフスイングを始める前に、まず上体をリラックスさせましょう。

両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する際には両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。

そして、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように低くクラブを引きます。

この時に腕や手に力を入れるとヘッドが持ち上がってしまい、リズムが崩れてしまいます。テークバックは腕や手の動きを意識するのではなく、腰や肩をはじめとした上半身の動きを意識してみてください。

腰や肩を動かした時、頭の位置を固定しようとする意識が働くと上半身のスムーズな動きを妨げる結果につながります。上半身の回転に合わせて、頭も自然に回転させましょう。

 

ゆっくりと体をひねる

ゴルフスイングで大切なことは、腕や手の力に頼ることではなく、上体を一体化させて回転させて「ひねりの力」を利用することにあります。

そのためには、スムーズに上半身を回転させることにあります。スムーズな回転とは一定の速度で身体が回転することです。テークバック時に身体が早く回転してしまったり、ダウンスイング時に身体が早く回転してしまったりする時は、スムーズに回転していない証拠なので注意しましょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.