スウィング編

力強く厚いインパクトでスイングする方法とは?

更新日:

ゴルフ 強い

プロの打球は捕まっている、厚いインパクトだと言われていますが、捕まった打球、インパクトが厚いとはどのような現象でしょうか?

今回はある程度ゴルフ経験があり、一歩上のスイングを目指す中級者以上を対象に、力強い伸びのある打球を打つスイング理論、その練習方法を紹介していきます。

ごく当たり前の理論になりますが、初心に返り理解することが壁を乗り越える近道にもなると思います。

コースではより目標の近くにボールを打つことが一番大事な要素ですが、やはり伸びのある、鋭い打球には憧れます。

中級者以上のスイングが固まっているからは、ちょっとした理論の理解、練習法で周りが憧れる打球に変えることが必ずできます。

今回は、捕まった力強い球、厚いインパクトでスイングする方法を紹介します。

スポンサーリンク

捕まった打球、厚いインパクトとは?

ごく簡単に説明すると、打感が気持ちよく、軽いドローがかかった打球が打てたとき、捕まった打球だと言えます。

スイング時、クラブフェースはバックスイング時に開き、ダウンスイング時に閉じる動作をします。

その中でフェースが閉じるタイミングでボールにインパクトできると、「捕まった打球」となります。

厚いインパクトとは、ボールにインパクト時に、フェースとボールの接地時間が長いと、「厚いインパクト」と呼ばれます。

ただし、接地時間の長さなど数ミリ秒の間なので理解が難しいですが、感覚的には低く伸びのある球が打てたときは、厚いインパクトで打てたとの理解で良いでしょう。

中級者以上の方はこの経験が何度もあると思いますが、ボールが捕まった厚いインパクトの打球が打てると、とても飛距離が出ます。

今日は調子が良い、スイングがかみ合ってると抽象的な理解でなく、毎回このような打球をコンスタントに打てる方法を習得することがスコアアップに重要です。

 

捕まった球を打つには?

まず、捕まった打球を打つには、フェースの閉じ際でボールにインパクトすることが絶対条件です。

中級者以上の方は、練習場では何球に一度かはこのような打球が出ると思います。ただ、たまにしか出ない、コースでは出ない。

そんな方は「頭の位置」を確認してみてください。

いまさらヘッドアップ?頭の位置の確認?と思う方も多いと思いますが、中級者以上の方でボールが捕まらない時のスイングは、8割方は頭のブレによります。

まず、理論から説明すると、前述した通り、スイングはバックスイングでフェースを開き、ダウンスイングでフェースは閉じられて、ボールにインパクトします。

この時の軸が、頭の位置になるのです。通常、ダウンスイング時には体重移動を行うので、意識しないと頭の位置は左側へ移動します。

頭の位置が左に移動する=フェースが閉じるタイミングが遅くなりますので、フェースが開いた状態でインパクトをむかえやすくなり、通称こすり球のような弱弱しい打球になってしまいます。

特に飛距離が出る方は、左への体重移動も大きいので、頭の位置を固定しているつもりでも、左へ流れている方は非常に多いです。

最初はダウンスイング時に頭を固定でなく、右側(体重移動する方向と逆側)へ動かす位の動作をすると、頭は真ん中に固定されます。

頭の位置は非常に重要ですが、自分だと分かりにくい部分なので、第三者に見てもらったり、カメラ動画なので、客観的に分析することが非常に有効です。

 

厚いインパクトで球を打つには?

アゲインストに負けない厚く強い打球を打つのは、インパクト時に長い時間フェースとボールをインパクトする必要があります。

これを意図的に再現するのは難しいので、「低い球を打つ練習」をするのが効果的です。

ウェッジなのでフェースが開いているクラブで、低い球を打つイメージでスイングをすると、結果、厚いインパクトのスイングになります。

言葉で表現するのが非常に難しいですが、インパクト時に分厚い感触が残るスイングができたときは厚いインパクトで打てていると認識すれば良いでしょう。

厚いインパクトで放たれた打球は飛距離も出ますが、スピンの効いた球にもなりますので、中級者以上の一歩上を目指すゴルファーは是非目指して練習してください。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-スウィング編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.