パター編

パットはまっすぐ50cm打てるかで決まる!

更新日:

パター

パットが苦手な人の多くは、打ち出しの50cmをまっすぐに打てていないケースが圧倒的に多いです。

これが出来ないとラインの読み間違いなどのミスが重なりカップインすることはあっても、狙ってカップに入れることはできません。

パットのストロークは距離感を別にすれば、「狙ったところにまっすぐ打ち出せるか」という一点につきます。

今回はパッティングにおけるシンプルだけど重要な考え方と練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

パットは最初の50cmで決まる?

パターというクラブは、他のクラブのようにスライスやフック、高いボール、低いボールなどの打ち分けができません。

パッティングは常に狙った方向に「まっすぐ」打ち出すことさえできれば、それだけで良いのです。

例えば、左に切れるラインでも、仮想カップをカップの右側にイメージするだけで、その仮想カップに向かって「まっすぐ」打つだけです。

仮想カップをイメージしないで、ラインの曲がり幅をイメージして打つ方法もありますが、基本的には、仮想カップをイメージして、そのカップに対して「まっすぐ」打つ。これが一番簡単なパッティングの方法です。

まっすぐ打つ距離にしても、最初の50cmがまっすぐ打てるように練習すれば良いです。

50cmという距離は、パッティングでアドレスしたときに、視野の左端にカップが見えている状態と同じ距離だからです。

よほどのことがない限り、50cmのパットを外すことはないと思いますが、これが3m、10mのパットになっても、最初の50cmさえまっすぐ打てて、タッチさえ合えば必然的にカップインします。

プロの中には、スパットをボールから50cmの距離に設定し、そこを通過させることだけを考えてストロークする人もいます。

距離感はグリーン、天気などに影響され、また経験値が必要になりますが、ストローク技術は日々の練習で向上します。

「50cmならまっすぐ打てる」自信を持てれば、カップインの確率はぐっと上がり、パッティングの楽しみが増えるでしょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-パター編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.