パター編

パットがうまい人の共通点とは?

更新日:

パター

パターは「パターに形なし」と言われるように、グリップ、ストロークの仕方は人それぞれです。

そもそも、パターの形状からして、長尺もあれば、センターシャフトもあり、ヘッドもピンタイプ、マレットタイプなど様々です。

その組合せは無限といっても良いほどですが、どんなパターであれ、打ち方であれ、パットの上手なゴルファーにはひとつだけ共通点があります。

それは「常に芯でボールをとらえている」ことです。

皆さんも経験あると思いますが、パターの芯で打ったボールは、きれいな順回転になるので転がりが良くなり、少々の芝目や傾斜に影響されることなく、真っ直ぐに伸びます。

しかし、芯を外して打ったボールは、途中までラインに乗っていても、カップ手前で止まったり、切れたりするのでカップインすることはないでしょう。

今回はパットが上手い人が意識しているポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

アマチュアによくある勘違い

アマチュアはカップの手前でボールが止まると「タッチが弱かった」と思い、左右に切れるラインだと「ラインを読み間違った」と考えます。

しかし、本当の理由は「パターの芯を外していた」というケースが圧倒的に多いです。

逆に言えば、芯を外しているにもかかわらずカップインしたパットは結果オーライのミスパットなので、そのことに気がつかなければ、パッティングの上達は望めません。

 

パッティングの距離感を考える

パッティングにおいて最も重要な要素は距離感ですが、その距離感を養うためには、パターの芯でボールを打つことは非常に大切です。

当たり前の話ですが、同じストローク幅でパッティングしても、芯でとらえたときと、芯を外したときでは転がりや距離は違ってきます。

つまり、パターでボールを打つポイントが毎回のように違っていれば、「このストローク幅なら3メートル転がる」のような自分なりの距離感の基準ができません。

距離感の基準になるのは、もちろん、ボールを芯でとらえたときの距離感です。

パッティングというと、ラインやタッチばかり気にする人が多いですが、それ以上にパターの芯でボールをとらえることが大切なのです。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-パター編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.