マネジメント編

自分の本当の飛距離とは?

更新日:

ゴルフ距離

良いスコアを出すのに最も基本的なことは、狙った場所にボールを落とすことです。

それには、横の距離感と縦の距離感が大事になってきます。

横の距離感とはいわゆるボールの曲がり幅で、縦の距離感は飛距離を指します。

特に練習場では、横の距離感(ボールの曲がり)を気にして練習している人は多いですが、縦の距離感(飛距離)を気にして練習している人は少ないです。

もちろん、自分は7番アイアンで160ヤードの飛距離。

という大まかな飛距離は確認していると思いますが、今回は自分の飛距離を正確に把握することについて紹介していきます。

スポンサーリンク

自分の本当の飛距離とは?

まず最初に覚えてほしいのは、本当の飛距離とはキャリーだけの飛距離を指します(ここではアプローチの飛距離は除きます)。

よく練習場でランも含めた飛距離を自身の飛距離と話す人がいますが、これは間違いです。

その理由は、ランを含めた飛距離はコースでは参考にならないからです。

当たり前の話ですが、上り傾斜のホールではランは少なく、下り傾斜のホールではランは多いです。

また、落下地点のフェアウェイ、ラフ、バンカーによってもランの距離は変わってきます。

このように不確定要素が多いランの距離を自分の飛距離に入れてしまうと、コースマネージメントどころではなくなってしまいます。

また、自分の飛距離をフルスイング(マン振り)した時の飛距離と勘違いしている人も多いです。

練習場ばかり行っている人に多いですが、マン振りした飛距離のベストショットを自分の飛距離として、ラウンド中も計算すると間違いなく目標飛距離よりショートするでしょう。

本来の飛距離は、8割程度の力でスイングしたときの「平均的なキャリー」を指します。

この「平均的な自分の飛距離」が分かったら、ラウンドでは絶対にそれ以上の飛距離を求めないことが大事です。

飛ばそうとする力みがミスショットにつながるからです。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-マネジメント編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.