ドライバー編

ドライバーは芯を外れたほうが飛ぶ?

更新日:

芯

ドライバーの重心はフェースのほぼ中心にあります。そこがスイートスポットとなり、スイートスポットでボールを打つことが、ボールが最も飛ぶ場所だと思っているゴルファーが多いですが、それは勘違いです。

最もボールが飛ぶ場所は芯を少し上に外した時のショットとなります。

芯を少し上に外したショットは、打感は物足りなく、あまり良い音もしませんので、大抵のゴルファーはナイスショットだと感じません。

しかし、実際にボールの落下地点に行ってみると、思いのほか飛距離が出ていているなんてことが、皆さんも経験あると思います。

今回はドライバーの飛距離とボールのスピン量の関係について紹介していきます。

スポンサーリンク

なぜドライバーの芯を外したのに飛距離がでるのか?

ドライバーの芯を少し上に外すと、多すぎるバックスピン量が減ります。バックスピンは少なすぎてもボールの揚力が生まれないし、多すぎてもボール吹けあがり飛距離がでません。

ドライバーの場合、芯の少し上でボールにインパクトすると、適量のバックスピンとなり、飛んでなかなか落ちない理想の軌道になります。

また、バックスピン量以外に、ボールがヘッド上部に当たると、瞬間的にフェースが上を向くので、クラブのロフトが大きくなり、結果打ち出し角が高くなるので、飛距離がでる要因になります。

反対に、ボールがヘッドより下に当たると、ボールには過剰なバックスピンがかかり、フェース面もインパクトの瞬間に下を向くので、打ち出し角も低くなり、飛距離が出ない軌道になります。

プロゴルファーは意図的にクラブの芯の上でインパクトするようにしていますが、一般のアマチュアゴルファーには難しいでしょう。

最低でも、芯の下にはインパクトしないように、芯もしくは芯の上でインパクトできるよう打つ前のセットアップを意識することが飛距離を出す上で大事なポイントとなります。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-ドライバー編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.