ドライバー編

クラブの力でヘッドスピードを上げる方法

更新日:

ヘッドスピード

ドライバーにおいて、飛ばすためにはミート率が大事だという話を、ヘッドスピードが遅い女子プロが飛ぶ理由とは?でしました。

ミート率はもちろん大事ですが、ミート率を維持した上で、ヘッドスピードを速くすることが飛距離アップにつながります。では、ヘッドスピードを上げるためには、どうすればよいのでしょうか?

今回は、ヘッドスピードを上げることに焦点を当てて、色々な角度から方法を探っていきます。特に女性やシニアの方で飛距離不足に悩んでいる方は参考になると思います。

スポンサーリンク

ヘッドスピードを上げる3つの要素とは?

ヘッドスピードを上げるには、以下の3つの方法があります。

  1. 肉体を鍛える…トレーニングで筋力を鍛えたり、ストレッチをして体の柔軟性を高めたりする。
  2. 技術を向上させる…体重移動から生まれたパワーを無駄なくボールに伝えられるようなスイングを身につける。
  3. クラブの力を借りる…自分のスイングに合ったクラブを選ぶ。

1、2は一朝一夕ではできず、日々の努力が必要になりますが、3については正しい知識さえ身につければ、即効果がでます。

今回はクラブの力を借りてヘッドスピードを上げるために、必要な知識を紹介していきたいと思います。

 

クラブのシャフトを長くする

ドライバーのシャフトを長くするとヘッドスピードは上がります。

その理由は、クラブのシャフトが長くなれば、スイングアークが大きくなり、遠心力も大きくなるからです。

ただし、シャフトが長くなると、タイミングが取りづらくなって、ミート率が落ちることもあります。

結局、長尺シャフトが合う合わないは、自身のスイングリズムに大きく関係すると思います。

例えば、今までスイングのタイミングが速かった人が、長尺シャフトに替えたことにより、リズムがゆっくりになりスイング軌道が安定してミート率が上がることもあります。

 

軽いクラブを使う

ヘッドやシャフトを軽量化すると、確実にヘッドスピードが上がります。

ただし、ヘッドスピードが上がるのは軽量化した当初だけで、その重さに慣れてくると次第にヘッドスピードは元に戻ってしまうケースが多いです。

また、軽いクラブを使うと、知らぬ間に手打ちスイングになり、スイング自体がおかしくなるケースもあるので注意が必要です。

昔から、クラブは「自身が振り切れる範囲で最も重いクラブを選ぶ」のがベストだと言われてきました。

ヘッドスピードが遅い女子プロが飛ぶ理由とは?でも紹介しましたが、運動エネルギーの法則からいっても、運動エネルギー(飛距離)は質量(クラブ重量)に比例します。

そのため、軽いクラブを使うのは、体力の低下を感じてからでも遅くないでしょう。

 

軟らかいシャフトを使う

ゴルフのスイングでは、ドライバーであれアイアンであれ、必ずインパクトの直前でシャフトがしなり、しなったシャフトが元に戻ろうとする力を利用してヘッドスピードを上げる仕組みになっています。

軟らかいシャフトは、この「しなりから元に戻る力」が強いので、その分だけヘッドスピードが増します。

ただし、それまで硬いシャフトを使っていた人は、いきなり軟らかいシャフトを使ってもタイミングが取りずらいはずです。ヘッドが走り過ぎたり、ヘッドが返り過ぎたりして、チーピン等のミスが出やすいでしょう。

基本的に、軟らかいシャフトは、腕力のない女性や高齢者に向いていますが、男性ゴルファーの中にも、腕力に頼らないスイングやタイミング重視のスイングタイプの方は、軟らかいシャフトが合うと思います。

このように、クラブを見直すことでヘッドスピードは速くなりますが、その反面、いくつかのデメリットも存在します。

結局は自分のスイングに合うかどうかなので、飛距離不足に悩んでいる方は、一度試してみると良いでしょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-ドライバー編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.