ドライバー編

なぜドローボールは飛距離が出るのか?

更新日:

ドローボール

一般的に、フェードボールよりドローボールの方が飛距離がでると言われています。

フェードとドローではボールの回転が逆になりますが、このボールの回転が飛距離にどう関係するのでしょうか?

今回は、基本知識として、フェードとドローのボール回転の違いと、ドローが飛ぶ理由について説明します。特にドライバーでのドローボールは迫力があり、誰しも憧れる球筋でしょう。しっかりと特性を理解し、最終的には戦略的に球筋を打ち分けられるゴルファーを目指しましょう。

スポンサーリンク

フェードとドローのボール回転の違いは?

まず、ゴルフにおいて、ボールの回転は、ストレート、ドロー、フェードボールの3種類に分かれます。

ゴルフボールの回転を縦方向、横方向に分けて考えると、縦方向の回転はバックスピンです。縦方向に順回転することはありえません。横方向の回転は縦方向の回転軸が左に傾けばフェード、右に傾けばドローとなります。

この軸が傾きすぎると、スライスやフック時の回転となります。ドローにしてもフェードにしてもバックスピンの回転数自体は、ほとんど差がありません。

ボールの回転数、回転軸においては、フェードとドローに差はないことが分かったと思います。では何の違いで飛距離に差が出てくるのでしょう?

 

ドローボールが飛ぶ理由とは?

ゴルフは、ロフトとライ角がついたクラブフェースが開閉しながらスイングします。このゴルフクラブの構造により、フェードよりドローの方が飛ぶようになるのです。

具体的に説明すると、フェードの場合は、クラブフェースが開きながらボールにインパクトするので、初速度は減り、打ち出し角度が高くなります。

反対にドローの場合は、クラブフェースが閉じながら(俗に言う捉まりながら)ボールにインパクトするため、初速度は増え、打ち出し角度は低くなります。

そのため、フェードは高く飛びランが少なく、ドローは低く飛びランが多くなります。

難しい説明をしましたが、単純にドローは飛んでランが出る球筋になり、フェードはドローに比べると飛ばないが、高く上がり止まる球筋になると覚えておきましょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-ドライバー編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.