ドライバー編

ドライバーだけスライスする原因と対処法

更新日:

スライス

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。

よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンとドライバーではクラブの構造や長さも違いますし、ボールのセットアップ位置も異なるので、同じ打ち方をしていたらスライスするのは、ある意味当たり前と言えます。

スイングリズムなどはアイアンとドライバーで違いはないかもしれませんが、ドライバーにはアイアンと違うドライバー独自の打ち方(考え方)があります。今回はドライバーだけスライスする3つの理由とその対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

アドレスでスライスを打つ構えになっている

ゴルフを始めて長い間スライスに悩んでいる人は、このケースが一番多いと思います。特にアイアンはきれいな弾道が出るのに、ドライバーはいつまでたってもスライスしかでないような人は、十中八九このケースでスライスが直るはずです。

また、この方法は現状のスイングを変えずにスライスを抑制できるのでオススメです。ゴルフを始めた時から、ドライバーショットでは「ボールを左足かかとの延長線上にセットアップする」というのは誰でも聞いたことがある教えでしょう。

これ自体は間違っていません。ただし、この教えを間違って解釈しているがために、長年スライスに悩んでいる人が多いのも事実です。聞いてしまうと単純な話なのですが、

アドレスして左足側になるボールにクラブをセットアップすると、右肩が前に出て、最初からクラブがアウトサイドにしか上がらない構えになっているのです。

この状態ではいくらストロンググリップで握ろうが、フェース面を固定しようが、スライスか引っ掛け球しかでません。本当にこの状態に陥っている人は非常に多いです。

正しくアドレスするには、アイアンのようにクラブは中央にセットアップし、左側にあるボールは意識せずに両肩を飛球線方向と平行になるように意識することが重要です。

ただでさえ、クリップ時は右手が左手より下にくるので、ゴルフのアドレスは右肩がでやすい状態になります。右肩を下げ、両肩が飛球線ラインと平行になるように意識してアドレスをとりましょう。

 

正しくアドレスしてもスライスがでる場合は?

アドレスで右肩を下げ、両肩が飛球線ラインと平行にすることで正しいアドレスは整いました。しかし、いざスイングしてもスライスが出るときは、スイング軌道がアウトサイドインになっていることが原因です。

アウトサイドイン軌道になる主な原因は、両足中央より左側にあるボールを打つ意識が強く、結果アウトサイドからクラブがおりてくるケースです。

いくら正しくアドレス出来ていても、左側にあるボールを直接打ちに行けば、必ずアウトからヘッドが下りてきます。ボールを中央にセットアップするアイアンでは、意識しなくても自然にできていることが、ボールを左側にセットアップするドライバーではできていないのです。この場合の簡単な対処法としては、

アイアンのように中央に仮想ボールを作り、そのボールを打つようにスイングすることです。

これはかなり効果的な方法です。

ただでさえ、ドライバーはクラブの中でも長く、ヘッドが返りにくい構造になっているので、直接ボールを打ちにいけば、仮にクラブがインサイドから下りてきても、スライスしやすいです。

ボール手前の仮想ボールを打つ意識を持つことにより、ボールの手前でヘッドが返り、実際のボールにはヘッドが返った状態でインパクトできます。

また、中央の仮想ボールの位置はスライスの度合いにより調整できるので、その日の調子に合わせて変更できる利点もあります。

いつもよりスライスが強ければ、仮想ボールの位置を実際のボールから離すようにすれば、その分ヘッドが返りやすくなり、結果スライスを抑制できます。

また、ボール手前の仮想ボールをインパクトする意識でスイングすると、仮想ボール位置がスイング最下点になるので、実際のボールにインパクトするときは自然とドライバーで理想的なアッパー軌道になります。

最初はボールを直接打ちにいかないので違和感があるかもしれませんが、この方法で確実にスライスは直りますので、ぜひ試してください。

 

それでもスライスがでる場合は?

正しいアドレス、仮想ボールを打つことを意識することで、スライス系の弾道から捕まったドロー系またはフェード系の弾道に変わってきたと思います。

ただし、毎回上手く打てるはずはなく、たまに今までのようなスライスが出る時があると思います。そんな方は、

ダウンスイング時に左側に突っ込み過ぎていると思ってください。

ゴルフスイングは頭(背骨)の中心を支点にクラブを振るので、支点である頭が左側に動けば、その分支点がずれ、フェースが返る場所も左側へ移動します。

ただし、飛距離を出すためにはダウンスイング時に左側へ移動する体重移動は大事なので、体重移動が少し大きい等の紙一重のミスと言えます。

特に、練習場ではスライスしないが、コースではスライスしてしまう人は、コースで過剰に飛ばそうとして無意識に体重移動が大きくなっているケースが圧倒的に多いです。そんな時は、

ビハインドボール・ザ・ボールを意識しましょう。

体重移動を少なくすればスライスは出なくなるかもしれませんが、その分飛距離がロスします。いつも通りのスイングでスライスしないためには、支点の頭をボールより飛球線後方に残したままスイングするように心掛けることで、捕まった球が打てるはずです。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-ドライバー編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.