ドライバー編

ドライバーの基本的な打ち方

更新日:

ドライバー

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴルフの流れが決まってしまうこともあります。

ミドルホールとロングホールの多くはティー・ショットを ドライバーで打つことになりますが、ドライバーのミスにより、その後のセカンドショットがトラブルになるようではゲームの組み立てがまったくできません。

それだけドライバーの出来は大きくスコアに影響します。今回は、初心者の方やドライバーだけ安定しない中級者の方に多い、ドライバーで勘違いしているポイントと基本的な打ち方・考え方について紹介します。

スポンサーリンク

ドライバーショットの勘違い

多くの方が勘違いしていますが、ドライバーは決して飛ばせるだけ飛ばすクラブではありません。人より飛ばそうという気持ちを抑えて コントロール出来るショットを覚えることがスコアアップにつながります。

腕に力を入れてフルスイングしなくても、体の回転する力を効率良く使ってボールをクラブの芯で捕らえれば飛距離はでます。

芯でボールをスクウェアに捕らえて打つことが何よりも大切です

飛ばそうとして腕に力を入れ過ぎないこと、肩の力を抜いてショットの安定性、再現性、正確性を重視することが大事です。

 

ドライバーの基本的な打ち方

ドライバーショットの基本はアイアンショットと大きくは変わりませんが、ボールは スタンスの中央ではなく左足かかとの内側の前に置きます。

アドレス時の手の位置はアゴの下りに来るように構え、体重は左右の足に 50/50 または 40/60 の比率で乗るようします。

ドライバーは最もシャフトの長いクラブなので、その分スイングプレーンはフラットな プレーンになります。アイアンのテイクバックやバックスイングより少しフラットなスイングプレーンをイメージしてゆっくり肩を大きく回転させながらクラブを低く遠くに引いて行くイメージです。

ダウンスイングで意識するのは、体の軸が左側に流れないようにすることです。

クラブが長い分、ヘッドがボールにインパクトするまでに時間がかかるので、軸が左に突っ込んでしまうと、ヘッドが返る前にインパクトを迎え、間違いなくスライスします。

ダウンスイングでは軸を中心に保ちながら、ビハインド・ザ・ボールを必ず意識して、スイングしましょう。

ビハインド・ザ・ボールでボールが打てれば、フィニッシュ時に体がクラブに引っ張られる感覚がでるので確認の指標になるでしょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-ドライバー編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.