基本編

フェアウェイバンカーの基本的な打ち方とは?

更新日:

フェアウェイバンカー

フェアウェイバンカーからのショットはゴルフの中でも特に難しいショットです。

払い打ちで打つべきか?ダウンブローで打つべきか?賛否両論です。

ただし、私はダウンブローで打つべきだと考えています。しかし、ダウンブローを意識するあまり、ダフリやトップのミスが出てしまうことが多いのも事実です。

特にフェアウェイバンカーはロングホールの2打目から打つシチュエーションが多く、飛距離を稼ぎたいケースがほとんどです。

ただでさえ難しいバンカーショットの中、飛距離も出したい。本当に難儀な状態です。

ただし、ちょっとしたポイントを注意するだけでフェアウェイバンカーでも飛距離を出すショットが可能です。

今回はフェアウェイバンカーの基本的な打ち方、考え方について紹介します。

スポンサーリンク

フェアウェイバンカーでのアドレス方法

まず最初に、フェアウェイバンカーでのショットは少しのダフリも許されません。

ダフるくらいであればトップした方が成功ショットと言えます。

そのため、左足をやや深めに埋めて、左足体重で構えることです。

左足を埋めることにより、軽い左足下がりの状態を作り、そのまま左足体重でスイングすることにより、軌道が鋭角になり、自然にダウンブローにショットできるようになります。

 

フェアウェイバンカーでのスイング方法

上記でも言いましたが、フェアウェイバンカーでは「トップ > ダフリ」です。

そのため、クラブは少し短めに持ち、ボールに直接インパクトするようダウンブローでインパクトすることを一番に考えます。

バンカーの状態によりますが、可能であれば、アイアンよりフェアウェイウッドで打つことをお勧めします。ダフった際の砂の抵抗がアイアンに比べ、フェアウェイウッドの方が少ないからです。

また、短く持つ分、飛距離は落ちるので、残り距離より長めの計算も必要です。ますは、ダフらず、ダウンブローでインパクトすることを心掛けることが大事です。

 

まとめ

  1. 左足をやや深めに埋めて、左足体重で構え、ダウンブローに打つ。
  2. クラブを短めに持ち、インパクト重視で打つ。
  3. インパクト重視のため、飛距離が落ちることを計算して長めのクラブを選択する。
  4. ミスをするならトップ。ダフリを絶対にしないように意識する。

 

 

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-基本編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.