アプローチ編

絶対的な距離感を作る3つの方法

更新日:

ゴルフゴール

アプローチショットでの距離感の作り方は千差万別です。

そのため、距離感の図り方は自分に合う合わないが謙虚に表れます。

今回はトップアマチュアが実践している以下の距離感の作り方を3つ紹介していきます。

  1. 再現性の高いスイングを基準にして距離感を作る方法
  2. フルスイング基準に逆算して距離感を作る方法
  3. 打ちたい球筋によって距離感を作る方法

自分に合った方法を見つけてることが上達の近道となります。以下で細かく説明していきます。

スポンサーリンク

1.再現性の高いスイングを基準にして距離感を作る

飛距離をどのようにコントロールするかは、その一番のポイントは自分の距離感の基本形を作ることです。

基本形というのは、どのような状況でも同じ振り幅でクラブを振れ、一定のリズムで振れるスイングです。

それを利用して、自分にとっての一番気持ちよく振れるスイングで距離感のベースを作ります。

気持ちよく振れるスイングは反復性が非常に高く、距離感が一定になりやすいです。

具体的な方法は、自分がアプローチで使用するクラブで、気持ちよくスイングした時の飛距離を把握することです。

たとえば、SWで自分の気持ちよく振れるスイングが50ヤードの場合、ピンまでの距離が60ヤードとか40ヤードといった状況では、気持ちよく振った時のスイング50ヤードを基準にアレンジしていきます。

距離に対して自分のスイングを合わせるのではなく、自分のスイングを基準とした距離感をベースにしたほうが結果的にアプローチでの距離が合ってきます。

 

2.フルスイング基準に逆算して距離感を作る

フルスウィグの距離を計算し、そこからターゲットまでの距離を逆算してスイングを考えていく方法です。

ただし、フルスイングといっても8割くらいの力感を基準にします。

例えば、サンドウェッジでフルスイングが70ヤードの飛距離の場合、50ヤードを打つ場合は20ヤード減、40ヤードであれば、30ヤード減という具合に引き算的に振り幅を抑えていきます。

ここで注意するのは、 振り幅を小さくしてもスウィグリズム、スピードは変えないことです。

せっかく振り幅を調整しても、リズムやスピードの違いで距離感がくるってしまいます。

また、スイングスピードで距離感を調節すると、インパクトの緩みによりダフリ、トップの原因になりやすく、安定したインパクトができないため、距離感も安定しませんので注意が必要です。

 

3.打ちたい球筋によって距離感を作る

ピンまでの距離により振り幅で打つのではなく、ショットのイメージで距離感を作る方法です。

例えば、ピンまでの50ヤードのアプローチという場面があったとします。

ピンがグリーン奥でグリーンが早ければ手前に落としてランを使って寄せることを考えます。ピンがグリーン奥にあってもグリーンが重くて転がりにくい場合は、ピンの近くに落とすでしょう。

このように同じ50ヤードのアプローチでもグリーン状況により、キャーリー、ランの比率が変わってきます。

まずは飛距離の基準となるスイングを元に、キャリーを抑えてランを多めに使いたいときは、基準のボール位置からボール1個分右足寄りに置きます。逆にキャリーを多く、ランを抑えたいときは、基準のボール位置からボール1個分左足寄りに置きます。

振り幅は極力変えずに、ボールの位置により距離感をコントロールする方法は風の強弱やライの良し悪しにも対応できるので、試してみる価値はあるでしょう。

ゴルフレッスンDVD人気ベスト3

ゴルフシンプル理論

ゴルフシンプル理論

カリスマゴルフコーチ谷将貴プロの完全マスタープログラムDVDです!プロゴルファー片山晋吾を指導した、その究極のスイング、シンプル理論を徹底伝授!スコアアップと美しいスイングを両立したいあなたにオススメです!
※5000円のキャッシュバック付き

7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスンDVDです!スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!手っ取り早く100を切りたいあなたへオススメです!
※最大1年間の返金保障付き

桑田泉のクォーター理論

クォータ理論

日本で初めてティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した桑田泉プロによるレッスンDVD!独自に提唱する「クォータ理論」を用いたトレーニング方法を紹介!自分のゴルフを根本から見直したいあなたへオススメです!
※90日間の返金保障付き

人気記事ベスト3

スライス 1

アイアンではストレート、ドロー回転の球が打てても、ドライバーになるとスライス回転の球しか打てない人は非常に多いです。 よくドライバーもアイアンも同じように打つと教えるレッスン書は多いですが、アイアンと ...

アイアンスウィング 2

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの飛距離の違いはどこにあるのでしょう。 テレビ中継を見ていても、200ヤード先のグリーンに5番アイアンで乗せるなど、アマチュアでは考えられないクラブ番手でグリーンを ...

ドライバー 3

ドライバーはゴルフクラブの中で一番シャフトの長いクラブでなかなか思うように振れないクラブです。しかし、コースで最初に 打つショットは大抵の場合がドライバーが多く、ドライバーの出来次第で、その日1日のゴ ...

-アプローチ編

Copyright© ゴルフの極み , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.